現実逃避は前向きに。

ウクレレ&ドラマ大好き主婦の徒然日記

「私たちはどうかしている」第3話 あらすじ&考察&ネタバレ感想

f:id:malco0214:20200827175027p:plain

 

こんにちは!malcoです。

「私たちはどうかしている」第3話が放送されました。

 

今日子がやっと観月ありささんに見えるようになりました。 

むしろ朝倉に見えてきて…

七桜をいじめると「あーさーくーらー!」って言いたくなります。

 

 

以下、簡単なあらすじとネタバレ含む感想です。

視聴がまだの方はご注意ください。

 

 

ざっくりあらすじ

もしもさくらが現れたら「消えてもらう」と言った椿(横浜流星)。理由はさくらの母親・百合子(中村ゆり)が先代当主・樹(鈴木伸之)を殺したから。15年前の事件の時、椿は樹の部屋を覗いて、樹と百合子がキスをしているのを見てしまったのでした。

一方、七桜(浜辺美波)の素性を調べ、15年前に光月庵で住み込みで働いていた百合子の娘だと知った今日子(観月ありさ)。正体を白状させようと七桜に詰め寄りますが、そこへ七桜の母親だと名乗る女性が光月庵を訪れます。七桜は見知らぬその女性に話を合わせて、その場を切り抜けました。

店を出た女性を追いかけた七桜。その女性は夕子(須藤理彩)と名乗り、多喜川(山崎育三郎)から依頼されて母親のふりをしたと説明します。

その後、七桜が光月庵に戻ると、椿に「結婚式に出す御菓子のことで相談がある」と倉庫へ行くことに。そのまま七桜は倉庫に閉じ込められてしまい…というストーリーです。

 

材料が出てきたので考察してみる

3話でわかった事まとめ

・椿が樹の部屋で百合子を見たのは本当だった

 →樹と百合子はモメていたのではなくキスをしていた

 その後、再び部屋を訪れると樹が殺されていた

・大旦那(佐野史郎)は、樹の死後も椿にお茶を教えたりしていた

 しかし椿が「樹と百合子がキスをしていたのを見た」と言った時から孫だと認めなくなった

・多喜川は地主。父親がよく光月庵の御菓子を買っていた

・百合子からの手紙は多喜川の父親が残したものだった

 →手紙を百合子の娘に渡して、力になってやれと言われていた

・今日子の指示で七桜の素性などを調べていたのは城島(高杉真宙)だった

・城島は椿を恨んでいる様子

 

高月家の複雑な事情を考察

椿の目撃証言によると、樹と百合子は不倫関係にあったようです。

こうなると、樹の殺害犯として動機的に怪しいのは今日子ですが、それだと普通すぎる…。ので、まだ謎が隠されているんだと思います。思いたいです(^^;

 

七桜は、今日子に正体を知られてしまいました。

今日子はおそらく興信所を使って調べたようだったので、さすがに夕子の嘘には引っかからないですよね。

椿も半信半疑のようで。多喜川の依頼はナイスアシストだったのかどうなのか…微妙なところです。

ここで疑問なのは、今日子は調査報告書を持っているにも関わらず、それを出さずに夕子の嘘に一時身を引いたという事ですね。

調査報告書を出して「ほらコレが証拠よ!見てみなさいよ!」とやるのが一番早いし、樹を殺した事になっている百合子の娘ならば、光月庵から追い出されて当然です。

でもそれをしなかったのには、やはり理由があるのかなと。

理由として、今の段階で考えられるのは、大旦那が探している「あの子」が百合子の娘だから…くらいかな〜。他に考えてみたけど、思いつきませんでした(^^;

この場合、七桜は大旦那の孫である可能性が高いです。つまり樹の娘。

七桜は百合子が光月庵で働く前に産まれているので、樹と百合子はかなり前から関係していたと考えられます。

そうなると…今日子も椿もそれを知っていそうですよね。

「さくらには消えてもらう。俺の前から永遠に」と言ったのは、さくらが現れると当主の座を奪われてしまうからだと考えられます。

 

ここで、そう言えば今まで考えてなかった疑問が。

椿の本当のお父さんは誰なの?

樹か、樹じゃないか。

この差は大きいですよね〜。もしも七桜が樹の子で、「椿は今日子の不貞の子」というのが大旦那の思い込みだったら、椿と七桜は結婚できません。

椿の父親が樹ではなかった場合、七桜と椿は同い年なので、樹と今日子は同時期にW不倫をしていた事になります。うーん、めちゃくちゃな家庭。

こうなると、樹と今日子の結婚までの経緯なんかも気になってくるなぁ。

そもそも大旦那が突然、椿を孫として認めなくなったのもおかしいです。

普通に考えたら、百合子が光月庵に来る前に椿は産まれてたわけで。キスしてるのを見たからって「孫じゃない」って事にはなりませんよね。それまでは孫だと思って、お茶とか教えてたみたいだし。

椿に対する「嘘つき」ってのも言い過ぎな気がします。大旦那はまだ何か他の事情を隠してるようですね。

椿の父親候補としてちょぴ〜っとだけ気になってるのが、職人の山口(和田聰宏)です。今の所ほとんど存在感ないんですけど。逆にその存在感のなさが怪しくなる…。そして、たまに意味深な映し方をされるんですよ。演出の人にハメられてるのかもだけど(^◇^;)

 

ネタバレ感想

椿は樹の死後、ずっと辛い日々を過ごしてきたんですね。

かわいそうでした。ほぼ大旦那のせいですが。

いつも酷いこと言われてるし、踏切で転んだ子どもを見捨てるなんて人として、どうかしている…。

七桜の言うとおり、諦めて家を出ていた方が楽だったと思います。

大旦那を見返したいって気持ちもありそうですが、それ以上に御菓子作りが好きで、お父さん(樹)への思いも強いんだなと感じました。

「バカが2人もいるんだから大丈夫」って七桜の言葉が沁みました。

 

 

ツボを落としたのは城島でしたね。さらに、七桜に持って行ったお茶は睡眠薬入りでした。

そんな事をしておいて、仲良く笑顔で七桜とおしゃべりできる城島って…なんて怖いヤツ。

高杉真宙くんは意外と悪役も多いですよね。鎧武とか、絶対零度とか。爽やかで優しそうに見えたり、悪役になると途端に軽薄そうに見えたり。若いのに凄い役者さんです。

城島は椿に対して何か恨みがあって、今日子に協力しているようです。それは次回明らかになるのかな?

それにしても。

城島が椿を嫌っている事を知っていながら、協力させる今日子が信じられません。

自分の息子が怪我をしたのに、しかも御菓子を作るのに大切な手を怪我したのに、やりすぎよ〜くらいで済むんだろうか。

今日子は椿だけは大切にしてると思ってたんですけど、違うのかな。

今日子の目的も気になるところです。

 

次回は城島のハニートラップ…(男でもハニーって言うのかな?)

そんで怒り狂う椿…ムフフですな\(//∇//)\

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

ブログ村のランキングに参加しています。

ポチッと、応援していただけると嬉しいです(´∀`) 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

★第2話の感想はこちら!

www.maemuki-malco.com