現実逃避は前向きに。

ウクレレ&ドラマ大好き主婦の徒然日記

「プロミス・シンデレラ」第7話 ネタバレ感想 シッポと耳が生えてきそうな壱成

こんにちは!malcoです。

「プロミス・シンデレラ」第7話が放送されました。

以下、ネタバレを含む感想です。

視聴がまだの方はご注意ください。

 

★公式HPはこちら!

www.tbs.co.jp

 

★第6話の感想はこちら!

www.maemuki-malco.com

 

ネタバレ感想

旅館の意見箱に早梅(二階堂ふみ)の仕事ぶりついての苦情が入って、早梅が追放されそうになるというお話でした。

最初は千葉さん(森カンナ)しかいないなと思いましたが、違ったようです。

となると。

ま、菊乃(松井玲奈)でしょうね。

壱成(眞栄田郷敦)から早梅を引き離すための成吾(岩田剛典)の自作自演…というのも考えてしまいましたが、そんな卑怯な男ではないと信じたいところです。

 

壱成の早梅への懐き具合が凄まじいですね^^;

あんなに生意気で捻くれててオレ様だったのに。

すっかり子犬のようになってしまって。

シッポと耳が生えてきそうな勢いです。

座布団を運んでやろうとしたり、意見箱に苦情を入れた中居を見つけようとしたり、頼れるところを見せようと頑張っているのも、また可愛かったです。

急に男っぽさをアピールして来ちゃったりして。

でもその笑顔が子どもっぽいのが微笑ましいですね(о´∀`о)

そんな壱成に「陰険女」呼ばわりされてしまった千葉さん。

この調子だと早梅と良いコンビになりそうです。

「同僚だからってみんなが仲良くする必要なんてないし、反りが合わない相手くらいいるでしょ」っていうのは、その通りだと思いました。

でもだからって、嫌味や悪口を言って相手との関係をギクシャクさせて、職場の雰囲気を悪くするのはどうかと思いますけど(ー ー;)

やっぱり千葉さんが怖い先輩なのは変わらないですね。

 

さて、今回は成吾の壱成へのコンプレックスが明らかになりました。

ここに来て立場が逆転したというか、視点によって全然見え方が違っていたんですね。

壱成側から見たら、しっかり者の優秀な兄を持って、重圧を感じて生きてる弟という構図に見えていましたが。

成吾側からすれば、老舗旅館を背負って頑張らざるを得ない長男と、自由奔放に才能を発揮する弟に見えていた…という感じかな?

あの花道の先生の褒め方は酷かったですね。傷つくわ。

成吾の人生が不憫に思えてきました。

老舗旅館の長男という宿命を背負って自由はなく、弟にはコンプレックスを持っていて、初恋の人だった早梅は弟に取られそうで、菊乃みたいなヘビ女に目をつけられて絡まれて…。

菊乃はいじめられていた過去があるようです。

明と呼ばれて、女子からキモイと言われていました。

成吾と菊乃は、その頃から知り合いだったのかなぁ。

 

次回は花火デートですね。

早梅は迂闊にOKしちゃって良かったのかな〜。

まさか、まだ壱成の気持ちに気がついてない…なんて事ないですよね?

あれだけ千葉さんに言われたんだし。

成吾とはご飯行くわ、壱成とはお祭り行くわ。

千葉さんがブチ切れる気持ちが解ってきた…( ̄▽ ̄;)

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

ブログ村のランキングに参加しています。

ポチッと、応援していただけると嬉しいです(´∀`) 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村