現実逃避は前向きに。

ウクレレ&ドラマ大好き主婦の徒然日記

「逃亡医F」第8話 ネタバレ感想 恐ろしきかな、天才。

こんにちは!malcoです。

「逃亡医F」第8話が放送されました。

以下、ネタバレを含む感想です。

視聴がまだの方はご注意ください。

 

★公式HPはこちら!

www.ntv.co.jp

 

★原作漫画はこちら!

 

★第7話の感想はこちら!

www.maemuki-malco.com

 

ネタバレ感想

今回は、都波(酒向芳)の研究データのありかを探しつつ、長谷川(桐山照史)の奥さんとお腹の子どもを、藤木(成田凌)が手術で助けるというお話でした。

前回、都波殺しに加担した長谷川は、難病を抱える奥さんの手術と引き換えに、バイオネオに協力していたのでした。

なんかいろいろとザックリでしたね、今回も。

病名は出たけれど、どんなに難しい病気かよく分からない上に、またもや「天才」の一言で片付けてしまって、あっさり手術して助かって。それで良かったのかしら。

案外簡単な手術だったんじゃないの?って思っちゃう。

それから妙子(桜庭ななみ)のDDSηのデータも、あっさり取り出してしまって。

藤木さん、コンピュータは詳しくないって言ってませんでしたっけ?

モーさん(中村蒼)が蓄えて来た知識って一体…。

恐ろしきかな、天才。

最後の、生まれた赤ちゃんを抱いた長谷川の手が、都波を殺したことを忘れるなと。

そこだけはグッと来ましたよ。

このドラマは、全体のストーリーの進め方はどうかなと思うことが多い一方で、たまに深く考えさせられることをうんですよね。

何だかちょっと、勿体無いです。

 

さて、ラストではついに烏丸(前田敦子)が妙子が生きていることを明かしました。

やっとだよ〜。

筋川(和田聰宏)の部屋で、みんなが妙子のお骨に目をやるたびに、そこには居ないよとツッコミたくて仕方ありませんでした。

筋川さんも、捜査中の事件の被害者のお骨が自分の部屋にあるって、どんな気持ちだろうな。

あ、家に帰れてないから、部屋にお骨があること自体知らないのかも。

そういえば、前にもちょっと書いたんですけど。

あの骨壷の中には、何が入ってるのか問題。

次回はあの骨壷を開けてくれるんでしょうか。

空っぽとか他の物が入ってるのなら、葬式とか火葬はどうしたんだろうって疑問が生まれるし。

入ってたら入ってたで、誰の…?って感じで怖いし。

気になって仕方ないんですけど。

全体的にザックリな進め方をするドラマなので、この疑問が解消されることはなさそうだなぁ(;ω;)

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

ブログ村のランキングに参加しています。

ポチッと、応援していただけると嬉しいです(´∀`) 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村