現実逃避は前向きに。

ウクレレ&ドラマ大好き主婦の徒然日記

「凪のお暇」第9話 感想

こんにちは!malcoです。

ドラマ「凪のお暇」第9話(再放送)が放送されました。

最終回を目前にして、慎二はすっかり凪の前で泣けるようになったようです。 

それにしても、ほぼ毎回泣いてるな、慎二。

このドラマ始まってから不幸な慎二しか見てないのて、最後は幸せになってもらいたいな。

 

以下、簡単なあらすじと、ネタバレ含む感想です。視聴がまだの方はご注意ください。

 

 

ざっくりあらすじ

凪(黒木華)の母親・夕(片平なぎさ)に「結婚するつもり」と嘘をついてしまった慎二(高橋一生)。夕は、慎二の母親とも話がしたいと言って電話をかけさせ、そのまま両家顔合わせの日取りまで決めてしまいました。

このまま本当に結婚するかもしれない…と、凪そっくりの可愛い子どもに囲まれた生活を想像してニヤける慎二に対して、凪は亭主関白な慎二に虐げられる生活を想像して首を振ります。

いざ顔合わせ当日。

慎二の母が、凪も母親の夕も嘘をついていると言い始めます。

さらに突然、慎二の兄・慎一が現れ、我聞家の秘密を暴露し始め…というストーリーです。

 

感想

慎二のお暇終了

とっさについた嘘が、とんでもなく広がってしまいました。こんなに事が大きくなったのは「俺のせいだって言うのかよ」って…逆切れですよね。ええ、そうです。慎二くんのせいですよ。

ゴンさん(中村倫也)には、凪を「誰かに取られても泣かないでね」とか不穏な事を言われ。

円にはビンタされ。

円は本当にかわいそうでした。いい子なのにな。空気クラッシャーって、酷すぎます。そんな悪口を言われても、どうにか実力で認めてもらおうと頑張ってて、根性あります。私だったら挫けて引きこもってると思います。まぁ、あんなにモテる事自体ないけど。

円に「どこが好きでした?」ってきかれて、答えられない慎二。 いいヤツなのに、何でこんなに最低なんだろう…。

せっかくのお暇でしたが、おそらくは大して寛げることもなく終わってしまいました。

まぁ、ちょっとは凪と分かり合えたかな。

 

毒親2人

いや〜。酷い母さんたちでした。

慎二の母親は、凪のことを調査したようです。まぁ、そういう事をしそうなタイプですよね。それはいいとして。

なぜあの場でぶちまけるのか。事前にわかってたんだから、顔合わせ前に「来ないでほしい」と伝えれば済む事なのに、わざわざ本人を前にして貶めるような事を言うとは…。

慎一の乱入は意外でした。ちょっと無理やりな展開にも感じられましたが、この際全て暴露してくれてスッキリしました。どうにか取り繕おうと諦めない慎二が痛々しかったです。

慎一の暴露のおかげで、夕もやられっぱなしにならずに済みました。

そして凪が夕に反撃するきっかけにもなりました。夕にハッキリ言えたのは良かったのですが、個人的には「嫌い」という言葉は良くなかったと思います。

凪は、夕に対して酷い事を言ったと後悔して泣いてました。でも夕だって「お母さんの期待に応えた事がない」とか、かなり酷い事を言ってたのでお互い様。

ここから気まずくなって関係を断つのではなく、どうやって修復するかが一番重要ですね。大切なのは、相手を打ち負かす事ではなくて、お互いに主張し合えて思いやり合える関係になる事だと思います。理想ですが。

夕が攻撃的にならず、反省してくれればいいのですが…。次回に期待です。

 

ゴンの覚悟

「本気出してみるわ」と言ってエリィ(水谷果穂)の元を去ったゴンさん。怪我をして帰ってきました。何してきたんだろう思ってたら、女の子に渡しまくった鍵を回収してたんですね〜。回収した鍵の数が想像を遥かに超えてました。モーゼだわ(-。-;

メンヘラ製造機とかドラッグ野郎とか言われていたのに…。ここまでで一番変わったのはゴンさんかもしれないなぁ。

「付き合ってください」って、前は凪が欲しがっていた言葉。

なのに。もう遅い気しかしない。

なんて言うか、ゴンさんの当て馬感がね…(;ω;)

私だったら「ええ!是非!」って即答するんだけどね(;ω;) 

 

 

次回はいよいよ最終回です。

凪は選ぶのはどんな未来なんでしょうか。

ゴンさんエンドはないだろうなぁ。

「慎二の事何も知らなかったから」と、慎二と始めからやり直すか。

もしくは「ひとりで歩けるようになりたい」と、どちらとも付き合わないか。

どんな結末になるのか、楽しみです。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

ブログ村のランキングに参加しています。

ポチッと、応援していただけると嬉しいです(´∀`) 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村