現実逃避は前向きに。

ウクレレ&ドラマ大好き主婦の徒然日記

「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話 ネタバレ感想 小皿には入りきらない鹿太郎の優しさと愛情

こんにちは!malcoです。

「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話が放送されました。

以下、ネタバレ含む感想です。

視聴がまだの方はご注意ください。

 

www.ktv.jp

 

★第2話の感想はこちら!

www.maemuki-malco.com

  

ネタバレ感想

正直、予告で鹿太郎(角田晃広)回だと知って、彼に興味が持てるかどうかと思っていましたが、想像以上にロマンチックで素敵な話でした。

とにかく器が小さい「ミスター小皿」な鹿太郎。

優しいんですけどね。

その優しさの後にイチイチ恩着せがましい(ー ー;)

それさえなければ、もっとモテそうなものですが。

離婚の原因は「とわ子(松たか子)のしゃっくりが止まらなくなったから」だと言ってました。

とわ子はストレスが溜まるとしゃっくりが出る体質なのかな。

鹿太郎の何がそんなにストレスだったのでしょうか。

あまりの器の小ささに嫌気がさして、しゃっくり止まらなくなっちゃった?

確かに面倒ではあるけど。

それとも、やっぱりお姑さんでしょうか。

あのおばさんたちの話が本当なら、姑との関係はかなり悪かったようです。

それら全部ひっくるめて嫌になったのかもしれませんが。

結局、離婚の原因はモヤっとしたまま終わってしまいました。

慎森(岡田将生)の時も、どうして別れた後で顧問弁護士になったのか解らずじまいでした。

少しずつ疑問を残したまま進んでますね。

想像で補完するべき案件なのか。

それとも、いつかエピソードが出てくるのかな。

 

離婚の確たる原因は解りませんでしたが、案外とわ子は鹿太郎のことを認めていて、今でも楽しくダンスを踊れることに驚きました。

面倒だけど、そんなに嫌いなわけじゃない。

そんな雰囲気でした。

鹿太郎はとてもロマンチストですね。

好きな人の写真を撮りたがったり、突然大きな花束をあげたり。

普段の鹿太郎には「ミスター小皿」ってネーミングがしっくり来ますが、とわ子への愛情や優しさは、小皿には入りきらないくらい大きなものに感じました。

とわ子に花束をあげるときのセリフが素敵でした。

「花屋で見つけて。君に似合う花だったから。この花もきっと君のことを好きだと思ったから」

花屋で見つけて、似合うと思ったから買ってきた。

くぅ〜っ…こんなこと言われてみたいわ〜。

クサいけどね。

でも一生忘れられないと思うな〜。

ま、一生ないだろうけど。

その花束を見た慎森の「花束っているかな?」に爆笑でした。

さすが慎森( ̄∀ ̄)

エンディング鹿太郎バージョンもカッコ良かったです。

毎回、前半に出てくる人物とラップの歌詞が違ってますね。

あんなに凝ったエンディングなのに、一回きりなんてもったいないな〜。

初回の松たか子さんバージョンは、MVとしてYouTubeでアップされていました。

STUTS & 松たか子 with 3exes – Presence I feat. KID FRESINO (Official Music Video) - YouTube

元夫たちのエンディングも、いつか全部まとめて見てみたいです。

 

さて、元夫たちといい感じになっていた女性たち。

3人とも問題アリだと判明しました。

そういう展開か〜。

面白くなって来ました。

女優の美怜(瀧内公美)は、鹿太郎を不倫相手の替え玉にするために近づいたようです。

そんなことをお願いできる神経がすごいですね。人をなんだと思ってるんだろう。

会社に不当解雇されたという翼(石橋菜津美)は、何やら嘘をついている様子。

八朔(松田龍平)の友達の彼女・早良(石橋静河)は、どうも八朔を好きになってしまったようです。

これは…女性の方だけでなく八朔も悪いですよね。

家にあげちゃうなんて。

しかもあのキッチンの戸棚。

あそこは女が咄嗟に隠れるためのスペースなのか?

だからいつも何も置かれてないの?

八朔がどう思っていようと、言い訳できない状況ですな。

 

次回は八朔回になるようです。

過去にかごめ(市川実日子)との三角関係が隠されているとかいないとか…。

八朔は…ずっとそういう感じなんですかね。

そりゃ離婚にもなるわな〜(ー ー;)と、今の時点では思っていますが、次回の視聴後には八朔にも愛着が湧くようになるのでしょうか。

ともかく次回も楽しみです。 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

ブログ村のランキングに参加しています。

ポチッと、応援していただけると嬉しいです(´∀`) 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村