現実逃避は前向きに。

ウクレレ&ドラマ大好き主婦の徒然日記

「DCU〜手錠を持ったダイバー〜」第5話 ネタバレ感想 水にまつわらない事件だった

こんにちは!malcoです。

「DCU〜手錠を持ったダイバー〜」第5話が放送されました。

以下、ネタバレを含む感想です。

視聴がまだの方はご注意ください。

 

★公式HPはこちら!

www.tbs.co.jp

 

★第4話の感想はこちら!

www.maemuki-malco.com

 

ネタバレ感想

副大臣の麻薬漬けドラ息子が危険ドラッググループに誘拐されて、DCUが秘密裏に救出のために動きつつ、犯人グループも一斉検挙するというお話でした。

バーで立花という男が「逃げるタイミングが良かった」からと、新名(阿部寛)が盗聴に気がついたというのがスゴすぎました。

中林(藤井流星)が犯人とグルだってことには繋がると思いますが、そこからよく瀬能(横浜流星)が盗聴されているというところまで発想を飛ばせたなと。

瀬能は、中林にも職場のみんなにも騙されちゃいましたね。

ちょっとかわいそうでした。

他の人はみんな知ってたのかと思うと、ショックですよね、そりゃ。

でも、瀬能が知ってたらボロを出しそうな印象は…ある。申し訳ない。

まだまだ青二歳な感じがするのでね。仕方ないかな。一番下っ端だし。

でも船を運転する姿は素敵でしたよ。

海+クルーザー+横浜流星=最高の組み合わせという事が判明しました。

 

マトリと公安が3年も追いかけて尻尾を掴めない危険ドラッググループが、みんな若くて、あんま頭良さそうじゃない人たちだったのが、ちょっと意外でした。

中林は確かに最初から怪しかったけど、下っ端だと思ってましたよ。

正直、あの秘書が黒幕かと思ってた。

しかし意外にもめっちゃ良い人でした。

そこは騙されちゃったなぁ。

 

西野副隊長(高橋光臣)が隊長の仲間になってしまいました。

裏切るかもしれませんよ、とギロリと睨んだ高橋さんのお顔が怖かったなぁ。

でも、副隊長は真っ直ぐそうな人なので、裏切らないんだろうと信じたいです。

そして、成合(吉川晃司)が姿を現しました。

幽霊だったんじゃないかってくらい、すぐ消えたけど。

魚の食べ方を見て成合だと気が付けるなんて、これまたスゴいなって一瞬思いましたが。

画面に映った皿を見て、確かに奇怪で特徴的な食べ方だなと(ー ー;)

解剖でもしたかのようなキッチリした並べ方。

ちょっと普通の人ではなさそうです。

 

めっきり潜るシーンがなくなりましたね。

陸の捜査か、船に乗ってるシーンの方が多いように思います。

今回は結果的に「水にまつわる事件」ですらなかったような。

行方不明になったのは海上ですが、その後ずっと事件は陸で動いてたんでしょう。

そんで、フェイク動画は普通に警察でも見破れそうな気が…。

いろんなことが「こじ付け」に感じられるのが残念です。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

ブログ村のランキングに参加しています。

ポチッと、応援していただけると嬉しいです(´∀`) 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村