現実逃避は前向きに。

ウクレレ&ドラマ大好き主婦の徒然日記

「青のSP ー学校内警察・嶋田隆平ー」第4話 あらすじ&ネタバレ感想 盗撮とセクハラ。イメージとは逆パターンの事件でした。

こんにちは!malcoです。

「青のSP ー学校内警察・嶋田隆平ー」第4話が放送されました。

以下、簡単なあらすじとネタバレ含む感想です。

視聴がまだの方はご注意ください。

 

ざっくりあらすじ

体育館の女子更衣室にカメラが仕掛けられるという、盗撮事件が発生しました。

嶋田(藤原竜也)は中学生コスプレが好きな一ノ瀬(石井正則)を疑って話を聞きますが、一ノ瀬ではない様子。心当たりはないかと尋ねると、以前勤めていた美術教員・岡部(遠藤雄弥)が中学生好きだったと話します。岡部は、涌井(米倉れいあ)という女子生徒にセクハラをして既に辞めていました。辞める前に涌井の担任だった小川(明日海りお)と揉めていたと言います。

嶋田は新たな手がかりを掴むため、真田(中川翔)と三村(吉柳咲良)に話を聞きます。すると三村が、赤嶺中の女子生徒の着替え中の動画がネットに投稿されていると教えます。

動画の投稿者は警察の調べで、すぐに捕まりました。その男は、赤嶺中の今井(藤嶋花音)という女子生徒の兄でした。自分で学校に隠しカメラを仕掛けたのではなく、妹の部屋で着替えの動画を見つけ、勝手に動画サイトに投稿したのだと言います。

嶋田は学校に戻って今井に話を聞きます。カメラを仕掛けたのは今井でした。嶋田が今井のスマホを奪って中を確認すると、陸上部のある女子生徒の写真がたくさん出てきました。陸上部のマネージャーを務める今井は、その女子生徒の事が好きで盗撮を続けていたのです。動画が投稿されている事を知らなかったとはいえ、結果的に大事な人の恥ずかしい姿を晒したのだと、今井を責める嶋田。学校側は被害届を出さないため、今井は罪には問われません。しかし自分のした事に責任を感じ、今井は陸上部を辞めます。

一方、浅村(真木よう子)は3年1組の男子生徒・菊池(鈴木悠仁)と廊下でぶつかります。様子のおかしい菊池に話しかけると、触るなと言って震え、倒れてしまいます。保健室に運んで話を聞くと、菊池は年上の女性が怖いのだと話します。それはバレー部の顧問である澤田(智順)から、部活後にマッサージと称して体を触られるなどのセクハラを受けていたからでした。浅村が澤田に話をすると言うと、菊池は大会に出られなくなるからやめて欲しいと言います。

浅村は嶋田に相談しますが、証拠がなければ捜査はできないと断られます。頭を抱えた浅村は、バレー部の部員たちに話を聞きます。部員たちは澤田のセクハラに気付いていました。浅村が、菊池の力になってあげて欲しいと言うと「大会に出られなくなるのが怖い」と断られてしまいます。

ある朝、浅村が出勤すると机の上にDVDが置かれていました。中を確認すると、そこには澤田が菊池の体を触っている映像が映っていて…。

その日の放課後。澤田が部活動へ行くと、部員が一人も来ていません。部室にも誰もおらず困惑する澤田。そこへ浅村が現れ、部員たちは警察に被害届を出しに行ったと話します。部室には録画したまま置き忘れたカメラがあり、そこに澤田のセクハラの証拠となる映像が映っていたのだと。人として最低だと説教をする浅村に澤田が襲いかかりますが、間一髪のところで嶋田が助けに入り、澤田は強制わいせつ罪で逮捕となりました。

赤嶺中で事件が相次ぐ中、嶋田は密かに小川の事件について調査を進めていました。辞める前に小川と揉めていた岡部について三枝(山田裕貴)に調べさせ、岡部にセクハラを受けていた涌井に話を聞きます。そんな嶋田の行動を、校長(高橋克己)が監視していて…というストーリーです。

  

★「青のSP ー学校内警察・嶋田隆平ー」は、作家・佐々木充郭さんによる小説「スクールポリス」が原案です。 

 

ネタバレ感想

なんと言うか、思ってたのと違う展開でした。意外性はだいぶありました。

盗撮事件=男が犯人

完全にそういう頭で見てましたが、まさか女子生徒が盗撮犯とは。

好きな子を隠し撮り…。

うーん。走ってる姿をちょっと撮るくらいならいいと思うんですよ。

それくらいは恋心の範疇でしょう。

でも更衣室は完全にアウトですよね。

動画がネットに流れてたとしても、なかったとしても。

例え普通の写真だって、1枚や2枚なら可愛いものですが、何十枚も部屋の壁に貼ってあったら…ストーカー判定だろうな。

何事にも節度ってもんがあるわけで。

こういうのって、教えなきゃ分からないもんなんだろうか。

私は誰かから教わったっけ…と考えても、全く思い出せません。

中学生が遠すぎる…。 

確かに、いろいろ悩んだ時期ではあったけれど。

いろんな失敗をやらかして、心がもみくちゃになりながら気付く事もありますよね。

盗撮犯だって友達にバレていたら、大変な事になったかもしれないと考えると、この程度で済んで、今井さんは幸せだったなと思います。

 

後半は前半の盗撮とは全く関係ないセクハラ事件でした。

これまた「セクハラ=女が被害者で男が犯人」というイメージが強いですが、真逆のパターンでした。

菊池くんが保健室で澤田のセクハラを打ち明けた時には、ハッと息を呑みました。

女性教員が男子生徒にセクハラとは。

演技とはいえ、実際に目にすると身の毛のよだつ光景でした。

菊池くんがかわいそうで。

しかも浅村先生が部員たちに全部喋っちゃって。

こういうデリケートな問題って、もっと慎重に取り組んであげて欲しいものです。

澤田はものすごいモンスターでした。

証拠の映像撮られて被害届も出されて、それでも全く悪びれる事なく、逆ギレして浅村に襲いかかる…。

最後なんて、鉄アレイで殴ろうとしてて( ̄◇ ̄;)

危うく殺人事件に発展するところでした。

あんな風に見境なくなる人が、よくこれまで普通に教師を続けてこられたな〜。

それとも校長が揉み消してきたのかな。

 

全体としてはおもしろかったです。

盗撮事件とセクハラ事件がどこかで繋がるのか…と思っていたのに、全くの別事件で終わってしまったのが少し残念でした。

盗撮していたカメラにたまたま映ってた…とか、そんな展開があるのかと思ったら、まさか嶋田がカメラを仕掛けるとは(ー ー;)

ま、ここも意外性はあったかな。

意外性があればいいってわけでもないんだけど。

たまたま録画ボタン押したままのカメラを忘れてたって…。

なかなか上手な言い訳ですね。

盗撮とカメラを忘れるのって紙一重なんだな。

ホント、怖いわ。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

ブログ村のランキングに参加しています。

ポチッと、応援していただけると嬉しいです(´∀`) 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

★第3話の感想はこちら!

www.maemuki-malco.com